2017年12月26日

某本社ビル新築工事設計

CIMG0001.JPG

構造図が提出されました。事前に打ち合わせは行っているものの
細部について整合を取る必要があります。
意匠図、構造図を照らし合わせチェックして行きます。
内容を構造設計者にフィードバックし、構造計算書を
作成し、建築確認申請となります。
設備設計図においても同様のことを行います。
posted by 秋田設計 at 09:33| Comment(0) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。